保険販売に直結するセミナー営業の作り方~参加者を行動に駆り立てるシナリオ

保険販売に直結するセミナー営業の作り方~参加者を行動に駆り立てるシナリオ

今回は保険販売に直結するセミナー営業の作り方を解説します。まずは「そもそもセミナー営業とは?」という基本をおさえておきましょう。セミナーのタイプには2種類あります。ひとつは【情報提供型セミナー】、もうひとつは【問題解決型セミナー】です。 情報提供型セミナー 問題解決型セミナー 往々に前者はセミナーの内容が主催者の「話したいこと」「話せる」ことにフォーカスします。一方、後者は参加者が「知りたいこと」「解決したいこと」に…

続きを読む →

セミナー営業が新規開拓とセールスに悩む保険営業マンにおススメな7つの理由

セミナー営業が新規開拓とセールスに悩む保険営業マンにおススメな7つの理由

人には自己防衛本能があります。それゆえ、人は営業マンにセールスをされているとき、無意識のうちに「何も売り込まれるまい!」と警戒します。例えば、ネクタイを買いにデパートの紳士服売り場に来たけど、すぐに店員がやって来て、「ネクタイをお探しですか?」「どんなネクタイをお探しですか?」と矢継ぎ早に声を掛けられた。こういうとき、居心地が悪くなったり、身構えたりしますよね。 これは理屈ではありません。人の本能です。ゆえに、ひと度…

続きを読む →

保険営業の成約率アップに貢献!「自己紹介シート」の作り方とテンプレート

保険営業マン必見!成約率アップに貢献する「自己紹介シート」の作り方と文例

今回は成約率アップに貢献する「自己紹介シート」の作り方を解説します。保険営業の世界ではよく保険を売る前に「自分を売り込め!」と言われます。しかし、そう言われても「いったい自分の何を、どうやって売り込めばいいのか?」と途方に暮れている保険営業マンも大勢いるのではないでしょうか。 また、保険営業マンの中には口下手な人もいます。自分を売り込むことに照れを感じる人もいるでしょう。そうでなくとも、的外れな自己紹介をして逆効果に…

続きを読む →

法人保険営業の成果を最大化する仕組みの作り方~ステップ②:セールス

法人保険営業の成果を最大化する仕組みの作り方~ステップ②:セールス

前回の続き「法人保険営業の成果を最大化する仕組みの作り方」を解説していきます。【step.02】は「セールス」です。【step.01】の「新規開拓」で見込客を集めたら次にやるべきは「保険」を売ることです。このとき、対面が必要な法人保険営業ではアポイントの獲得がきわめて重要になってきます。直接会ってセールスできなければ保険を売ることはできないからです。 そこで、多くの保険営業マンが何とかしてアポイントを取り付けようと四…

続きを読む →

シンプルかつ究極の法人保険営業ノウハウ~社長に保険の話を聞いてもらう秘訣

シンプルかつ究極の法人保険営業ノウハウ~社長に保険の話を聞いてもらう秘訣

今回は【シンプルかつ究極の法人営業ノウハウ】をテーマにします。ここだけの話。実は10人社長がいたら、そのうち9人を成約させる法人保険の営業ノウハウがあります。この方法を知っているのは日本でわずか3人だけ。しかも、これは次の三拍子揃った営業ノウハウです。 即効性が高い 誰でも実践できる ストレスがない この営業ノウハウを採り入れれば間違いなく成約率が向上することをお約束します。きわめて再現性の高い方法です。しかも、ノウ…

続きを読む →

メール営業で失敗する保険営業マン6つの特徴と営業訪問後のお礼メール文例

メール営業で失敗する保険営業マン6つの特徴と営業訪問後のお礼メール文例

保険営業マンにとって今やメールは欠かせない営業ツールです。例えば、名刺交換の後やお客様を訪問した後にお礼のメールを送る。あるいは、アポイントを取り付けたい見込客がいるときにメールを送る。このようにメールは営業活動には欠かせない手段になっています。 ここで気を付けたいのがメール営業の作法です。メールを送っても相手からレスポンスがない。そんな経験をお持ちなら、それはメール営業の作法が間違っているのかもしれません。 そこで…

続きを読む →

保険営業マンのセルフブランディング戦略~見込客から一目置かれる存在になる

保険営業マンのセルフブランディング戦略~見込客から一目置かれる存在になる

「保険の営業をしていますが、社会的地位が低くてストレスです…」 たまに保険営業マンのこうした悩みを耳にします。実際、法人保険営業をしている方から次のように「どうすれば自分のビジネスをブランディングできるのか?」というご相談をいただきました。 営業していると、保険営業の社会低地位の低さとバッティングする銀行・士業に対する顧客の信頼度の高さを痛感させられることが多々あります。保険代理店としてのブランド力をアップする必要性…

続きを読む →