見込客不足で苦労している保険営業マンに試してほしい!新規開拓の効果的方法

見込客不足で苦労している保険営業マンに試してほしい!新規開拓の効果的方法

今回は慢性的な見込客不足で悩んでいる保険営業マンにぜひ試してほしい新規開拓の具体的方法をご紹介します。とりわけ、この方法は 自営業者(個人事業主) 小規模法人(中小企業) 医院・クリニック など、比較的規模の小さい事業者に威力を発揮する方法です。 それは、どのような新規開拓方法か? 次のような集客用チラシ型DM(ダイレクトメール)を活用する方法です。フォーマットはA4サイズ2ページ。WORDソフトがあれば、誰でも自作…

続きを読む →

保険営業マンが知っておくべき自営業者の国民健康保険料を削減する5つの方法

保険営業マンが知っておくべき自営業者の国民健康保険料を削減する5つの方法

今回は自営業者(個人事業主)が国民健康保険料を削減する5つの方法をご紹介します。ご存知でしょうが、日本は「国民皆保険制度」ですので、生活保護を受けている人などを除いて、原則的にはいずれかの医療保険制度に加入することになっています。 この医療保険制度のうち、「健康保険」「健康保険組合」「共済組合」は会社員(会社役員含む)や公務員等などが加入する医療保険制度になります。「後期高齢者医療」は75歳以上の方及び65歳から74…

続きを読む →

自営業者に重くのしかかる国民健康保険料が平成31年4月からまたもアップ!

自営業者に重くのしかかる国民健康保険料が平成31年4月からまたもアップ!

自営業者の誰もが国民健康保険料について「高ッ!」と感じています。そして、毎年恒例になりつつありますが、本年度(平成31年4月)もまたもや国民健康保険が値上がりしました。今回は賦課上限額「4万円」の保険料アップです。これで3年連続の保険料値上げになります。 過去3年の国民健康保険料の賦課限度額推移 年度 医療分+支援分 介護分 賦課限度額 平成29年 73万円 16万円 89万円 平成30年 77万円 16万円 93万…

続きを読む →

ドクターマーケット攻略③~院長に高確率でアポイントが取れる電話営業必勝法

ドクターマーケット攻略③~院長に高確率でアポイントが取れる電話営業必勝法

ご存知のとおり、保険営業ではドクターマーケットは人気のターゲットの1つです。ところが、いざドクターマーケットを新規開拓しようとすると、多くの保険営業マンが次の問題に直面します。 飛び込み営業でアプローチしたが受付に断られた… テレアポしても院長につないでもらえない… 要は、保険を提案する「前」に断られるわけです。こうなる理由はシンプルです。忙しい合間を縫って、見ず知らずの保険営業マンの話を聞きたいと思う院長など1人も…

続きを読む →

ドクターマーケット攻略②~現役ドクターから保険営業マンへのアドバイス

保険営業マンによるドクターマーケット攻略のヒント~現役ドクターからの回答

かねてからドクターマーケットは保険営業マンにとって人気のターゲットでした。しかし、「節税保険」が販売停止になった今、そのドクターマーケットにこれまで以上の注目が集まっています。その理由はいたってシンプルです。ドクターマーケットには「節税保険」以外に売れる商品があるからです。 そもそも個人開業医は“個人”ですから「節税保険」は提案できませんでした。医療法人も一般法人と比して税率が低く(事業税が非課税)、従来から「節税保…

続きを読む →

法人に売る商品がない。それなら節税保険でも事業保障でもない提案プランを!

法人に売る商品がない。それなら節税保険でも事業保障でもない提案プランを!

今回はおもに法人保険を専門に販売していた保険営業マンにお読みいただきたい内容です。2019年2月末をもって「節税保険」がひとまず市場から姿を消しました。現在はどこの保険会社のHPもこのように「※現在、販売を中止しております。」とのコメントが追加されている状態です。 (※2019.3.11日本生命HPより) この一連の騒動ですが、次の動向次第で保険業界にいる多くの人たちに影響を及ぼすことになります。 いつまで販売停止が…

続きを読む →

ポスト節税提案~中小企業の社長には「節税」よりも深刻な悩みがある!

ポスト節税提案~中小企業の社長には「節税」よりも深刻な悩みがある!

ここ数日は保険営業マンにとって例の「節税保険」販売中止がもっともホットな話題でしょう。今回の騒動を踏まえて国税庁から「どんな通達がいつ出るのか?」という憶測が業界内では飛び交っています。その内容については未確定事項ですからコメントはできませんが、ここで今一度考えてみてほしいことがあります。それは、「節税保険」が嵌る中小企業は全体の中では“少数派”だということです。 なぜなら我が国の中小企業のおよそ7割は赤字企業だから…

続きを読む →