保険営業マンなら知っておきたい!自営業者の「国保」を削減する3つの方法

保険営業マンなら知っておきたい!自営業者の「国保」を削減する3つの方法

ご存知のとおり、コロナ禍での外出自粛や時短営業などで多くの自営業者が経済的に大打撃を受けました。そんな中、多くの自営業者にとって国民健康保険料が大きな負担になっています。というのも、自営業者にとっては、「税金」はいくつかの節税方法を選択できますが、「国民健康保険料」はその仕組みから削減するのが難しいものだからです。  自営業者に保険を売るために知っておきたい!国民健康保険の仕組みと計算方法 しかし、そんな自営業者にと…

続きを読む →

自営業者に保険を売るために知っておきたい!国民健康保険の仕組みと計算方法

自営業者に保険を売るために知っておきたい!国民健康保険の仕組みと計算方法

日本は「国民皆保険制度」ですので、生活保護を受けている人などを除いて、原則的には次のいずれかの医療保険に加入することになっています。このうちで「健康保険」「健康保険組合」「共済組合」は会社員(会社役員含む)や公務員等などが勤務先を通じて加入する医療保険になります。「後期高齢者医療」は75歳以上の方及び65歳から74歳までの一定の障害認定を受けた方が加入する医療保険になります。 国民健康保険 健康保険 健康保険組合 共…

続きを読む →

【実録レポート】今さらながら政策金融公庫の「コロナ特別融資」を借りてみた

【実録レポート】今さらながら政策金融公庫の「コロナ特別融資」を借りてみた

ご存知のとおり、日本政策金融公庫や民間金融機関では昨年から新型コロナの影響に伴って、実質無利子・無担保での「特別融資制度」が設けられています。しかし、このうち民間金融機関による実質無利子・無担保での融資制度については2021年3月31日で終了してしまいました。 よって、2021年6月時点では実質無利子・無担保での融資制度は日本政策金融公庫か商工中金の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」だけなのですが、これも2021年…

続きを読む →

保険営業マン必見!成約率UPに直結する「よくある質問」(FAQ)の作り方

保険営業マン必見!成約率UPに貢献する「よくある質問」(FAQ)の作り方

保険営業マンなら誰しも「見込客にとってメリットの大きいプランなのに、なぜか成約できなかった…」という苦い経験があるはずです。そんなとき、多くの保険営業マンは対抗話法などで見込客を説得しようと試みます。しかし、それは往々にして逆効果を招きます。なぜなら、見込客はあなたに「説得」されたいのではなく、自分で「納得」して保険を選びたいと考えているからです。 ならば、そんな見込客に「納得」してもらうにはどうすればいいのか? あ…

続きを読む →

保険営業マン必見!退職金額は同じでも貰い方で‟手残り“が大きく変わる理由

保険営業マン必見!退職金額は同じでも貰い方で‟手残り“が大きく変わる理由

これは保険営業マンなら知っておきたい役員退職金についての知識情報です。実は役員退職金はその原資が同額なら複数の会社からもらった方が“社長の手取りは大幅に増えるのです。このことを知らない社長がけっこういますので、ぜひあなたが社長に教えてあげてください。 弊社では毎月、【都道府県別・新設法人リスト】を無料公開しているのですが、そのリストを眺めていると面白いことに気が付きます。それは新設法人の中には、同一日に、同一住所で、…

続きを読む →

保険営業マンなら知っておきたい!「役員賞与」の意外な活用法とそのメリット

保険営業マンなら知っておきたい!「役員賞与」の意外な活用法とそのメリット

今回は「役員賞与」の意外な活用法をご紹介します。この方法をうまく使うと、社長は大きく手取りを増やすことができますので、保険営業マンとしてぜひ知っておきたい実務ノウハウです。通常、「役員賞与」は損金(経費)算入が認められませんが、所定の時期に所定の金額を支払うという旨を定めて、事前に税務署に届出をして支払えば「役員賞与」も損金(経費)算入できます。 この手続きを、『事前確定届出給与』といいます。そして、この『事前確定届…

続きを読む →

保険営業マン必見!制度の“歪み”を利用して社長の可処分所得を増やす方法

保険営業マン必見!制度の“歪み”を利用して社長の可処分所得を増やす方法

ご存知のとおり、日本では法律の制定は国会(国会議員)で行われます。しかし、国会議員によって法案が起案されることはレアケースです。ほとんどの法案は役人(公務員)によって起案されているからです。従って、日本の法律はおのずと役人(公務員)の恣意性を大きく孕むものになっているといえます。このような状況下では当然、彼らにとって不利に働くような法案は提出されないと考えるのが普通でしょう。 ここに、制度の“歪み”が存在します。そし…

続きを読む →