保険営業マンが知っておくべき!60代社長の手取りを最大化できる5つの方法

保険営業マンが知っておくべき!60代社長の手取りを最大化できる5つの方法

帝国データバンクによると、社長の平均年齢は59.9歳(2020年度)とあります。その年齢構成をみると、60代が「28.1%」でもっとも多くなっています。このデータで考えればおよそ3人に1人は60代社長ということになるわけです。そこで今回は社長の最大ボリュームゾーンである「60代社長」をテーマにします。 60代といえば、年金受給が始まる年齢です。しかし、社長の平均年齢(59.9歳)からも分かるとおり、社長の場合は60代…

続きを読む →

年金受給年齢になったオーナー社長が年収を変えずに年金を満額もらう方法

年金受給年齢になったオーナー社長が年収を変えずに年金を満額もらう方法

前回に続いて今回も在職老齢年金をテーマにします。現行制度では年金受給年齢になっても、社長にある程度の収入があると年金の一部あるいは全額が支給停止になってしまいます。これが「在職老齢年金」です。 この制度については「これまで高額な保険料を負担してきたのに、いざもらうときになったら、もらえない。こんなバカな話があるかッ!」と、納得のいかない社長が多いのが実情でしょう。しかし、実は、オーナー社長であれば、年金受給年齢になっ…

続きを読む →

保険営業マンが知っておくべき!年金制度改正法に伴う在職老齢年金の見直し

保険営業マンが知っておくべき!年金制度改正法に伴う在職老齢年金の見直し

今回は2022年4月施行の年金制度改正法に伴う在職老齢年金の見直しをテーマにします。制度改正による在職老齢年金の見直しポイントは大きく2つです。 60歳台前半の在職老齢年金の支給停止基準額の引き上げ 65歳以上の老齢厚生年金受給者の在職定時改定導入 いずれも2022年4月に施行されます。保険営業マンにとって、在職老齢年金について知っておくことはきわめて重要です。さっそく制度改正によって在職老齢年金がどう変わるのかを見…

続きを読む →