社会保険料劇的削減プラン実務ノウハウ完全マスターセット

「節税保険」祭りの終焉!
国税庁の新税制ルールに1ミリも影響を受けない
法人保険のブルーオーシャン提案

2019年2月13日以降、保険業界に大きな衝撃を走らせている
節税保険の販売停止を受けて【緊急提言】します…

いつもお世話になっております。
株式会社おまかせホットライン、田中正博です。

保険営業マンのあなたに【緊急提言】がございます。

すでにご承知のとおり、販売競争が過熱していた「節税保険」に国税庁からメスが入りました。これにより日本生命など大手4社はすぐさま販売停止の方針を示し、他の生保各社でも売り止めの動きが広がっています。

法人保険のブルーオーシャン提案

本格的に「節税保険」が販売停止となれば、数千億円規模に拡大した市場が消えかねず、多くの企業にとって決算月を迎える3月が目前に迫る中、保険業界に大きな衝撃が走っています…

今回、国税庁が見直しの方向性として生保各社に示したポイントは、大きく3つです。

  • ポイント1.長期平準定期・逓増定期など商品個別に決めていた損金算入割合の通達を廃止
  • ポイント2.新たな算入ルールについては解約返戻金の返戻率が50%を超える商品を対象とする
  • ポイント3.解約返戻金のピーク時の返戻率に応じて、損金算入割合を区分けする

すなわち、返戻率が50%超の保険商品については損金算入割合が“大きく縮小される”ということです。「節税保険」ではその大半が返戻率50%超の提案になっているはずです。そうなると、これから国税庁が新ルールを適用するまでの間は「販売できる商品がない!」というのが実情でしょう。

今後の法人保険提案の行方

これまで生保業界では2008年の「逓増定期保険」や2012年の「がん保険」をはじめとして、「節税保険」に関しては個別通達の抜け穴を通すようなかたちで、節税効果を高めた保険商品を開発し、集中的に販売してはその後国税庁からダメ出しを食らうことを繰り返しています。

ところが今回、国税庁側は「こうしたイタチごっこを解消したい」と抜本的な見直しを宣告していますので、「個別通達の見直しまでが勝負!」といったこれまでのような対策では凌ぎ切れないでしょう。それどころか、「既契約にまで新ルールが適用されるのでは?」とさえ囁かれています。その結果、「今後は保険商品の損金算入割合と解約時の高い返戻率を背景にした節税提案は難しい」という結論に至るわけです。

では、今後の法人提案は「事業保障一本」だけになってしまうのか?
いいえ、有効な法人保険提案はまだあります。しかも、それは国税庁とのイタチごっことは無縁の提案ですから、今回の件(節税保険に対する新ルール適用)には1ミリの影響も受けないものです。

加えて、多くの中小企業にとっては、その提案の方が節税提案よりも、よほど喜ばれます。あくまで節税提案は全体3割の黒字企業のみが対象ですが、この提案は黒字企業でも赤字企業でも効果を発揮するものですし、多くの経営者が深刻に悩む経営課題を解決できるものだからです。

 いったい、その提案とは何なのか?

それが、僕の提唱する『社会保険料劇的削減プラン』です。機を見るに敏。「節税保険」を提案するのが難しい今だからこそ、あなたのライバルが知らない、『社会保険料劇的削減プラン』をマスターしていただき、これまでどおり、いや、それ以上の業績アップを達成して欲しいと切に願っています。

実際、それはあなたさえその気ならば、十分可能な目標なのです。『社会保険料劇的削減プラン』の成功事例は獲得保険料に換算すると“3億”を軽く超えています。そう、たったひとつの「法人保険営業ノウハウ」からこれだけの成功報告が生まれているのです…

『社会保険料劇的削減プラン』の成功報告(一例)

お世話になります。弊社が田中式ノウハウ『社会保険料劇的削減プラン』を導入して4年半になります。お陰様でこの4年半で加入企業は18社、被保険者25名、獲得保険料(ANP)が5,960万円になりました。クライアントにも大変喜ばれております。(沖縄県・K様)

月P50万円を10年払い終身・月P20万円を逓増定期で成約しました。お陰様でここ数ヶ月は『社会保険料劇的削減プラン』が大ヒットしています。本当にありがとうございます。(福島県・T様)

月々20万円で『社会保険料劇的削減プラン』を契約いたしました。ただ、その際の導入実務でご相談がございます。今回の導入でお客様より手取りが××××になったとのご報告がありました。経理処理上、××××というのはおかしいので、何か良い処理方法はないでしょうか?(佐賀県・B様)

この度、『社会保険料劇的削減プラン』を提案し、成約となりました。役員報酬60万円の社長で保険料は月額6万円(年間72万円)程度です。3月に初回保険料引き去りです。(大阪府・N様)

いつも大変お世話になっております。おかげさまで、今月、『社会保険料劇的削減プラン』を成約できました。ありがとうございます。(愛知県・K様)

先日、役員報酬400.000円の社長が『社会保険料劇的削減プラン』、保険料116.000円で来週に採用される予定になりました、知識不足ながらおかげ様で少しずつ前進させていただいています。ありがとうございます。 (山梨県・K様)

今回、『社会保険料劇的削減プラン』を購入し、お蔭さまで明日、月払い10万円の保険のご契約となりました。今月、初回分の保険料10万円振り込んで、次回の引き落としは2月27日となります。(埼玉県・Y様)

いつもお世話になっております。今月、月払い50万円の『社会保険料劇的削減プラン』で契約になりました。ありがとうございます。(大阪府・O様)

先日、『社会保険料劇的削減プラン』で逓増定期(月10万円)のご契約をいただきました。ありがとうございます。 今回の導入企業は決算後の定時株主総会にて社長の報酬自体を引き上げ、それと同時に『社会保険料劇的削減プラン』を導入します。(山梨県・K様)

… and more

次は、あなたの番です。今回、そのための“お膳立て”を用意いたしました。これは『社会保険料劇的削減プラン』をあなたに100%完全マスターしてもらって、営業現場でお客様に自信をもって提案していただくための「特別企画」であり、このページをご覧になっているあなただけの「スペシャルオファー」です。

【特別企画】
『社会保険料劇的削減プラン』×『導入事例&一問一答集』

実務ノウハウ完全マスターセット

今回の企画趣旨は明快です。先述のとおり、これは『社会保険料劇的削減プラン』をあなたに100%完全マスターしてもらって、営業現場でお客様に自信をもって提案していただくためのものです。そのために今回の特別企画では以下2つの実務コンテンツを“特別価格”でセット提供いたします。

以下2つの実務コンテンツを「特別価格」でご提供します!

  商品-1   社会保険料劇的削減プランシリーズ
社会保険料劇的削減プランver3.0

社会保険料劇的削減プラン

これはオーナー社長なら必ず飛び付いてくる話です。なぜなら法人と個人の支出は1円も変えず、社会保険料だけを「ガツン!」と削減する方法だからです。あなたのライバルが知らない秘密のプランでぜひ売上アップを実現してください。

 商品詳細  定価49,800円

  商品-2   社会保険料劇的削減プランシリーズ
導入事例&一問一答集

社保削減プラン|導入事例&一問一答

これは『社会保険料劇的削減プラン』ご購入者だけの【独占情報】です。過去相談事例の中から成約率を飛躍させる“45のケーススタディ”と“90の想定問答”を厳選公開。営業現場の第一線で培われた本物の「実務ノウハウ」をぜひマスターしてください。

 商品詳細  定価39,800円
セット販売 特別価格

税込89,600 円 → 税込74,800※別途送料・代引手数料648円
社会保険料劇的削減プラン:定価49,800円 + 導入事例&一問一答集:定価39,800円

 お支払い方法

購入代金のお支払いは「代金引換払い」になります。『商品一式』と引き換えに購入代金をお支払いください。お支払いは「①現金」「②クレジットカード」の2つからお選びいただけます。なお、『商品一式』はお申し込み後5営業日程度でお届けします。クレジットカードは以下がご利用いただけます。

ステップ 1
お申込み

ステップ 2
商品一式発送

ステップ 3
お支払い

  利用可能カード | 法人保険のブルーオーシャン提案
お申込みフォーム

(※必ず上記の申込フォームからお申込みください。個別商品サイトからのお申込みは「定価」での商品発送になります)

実は3月から社会保険料がアップします!

実は3月に社会保険料はまた引き上げになります。以下は【過去11年間の社会保険料推移】です。こうして時系列のデータを眺めると、社会保険料は凄まじい勢いで上がっていると分かるのではないでしょうか。この5年間で5.250%の上昇です。実感が湧かない方はご自身の年収にこの数字を掛けてみてください。

過去11年間の社会保険料推移
※健康保険・介護保険・厚生年金は東京都協会けんぽ保険料率
年度 健康保険 介護保険 厚生年金 労使合計
平成20年 8.200% 1.130% 15.350% 24.680%
平成22年 9.320% 1.500% 16.058% 26.878%
平成24年 9.970% 1.550% 16.766% 28.286%
平成26年 9.970% 1.690% 17.474% 29.134%
平成28年 9.960% 1.580% 18.182% 29.722%
平成30年 9.900% 1.570% 18.300% 29.770%
平成31年 9.900% 1.730% 18.300% 29.930%

上記では「健康保険」と「介護保険」は平成26年以降下がっているように見えます。しかし、その背景にはトリックが隠されています。平成28年4月から「健康保険」と「介護保険」の報酬月額上限が引き上げられているからです。つまり、報酬月額123.5万円以上の社長は保険料が軒並みアップしており、最大で労使合計247,752円(年)もの負担増になっている社長もいるのです。

~平成28年3月 平成28年4月~
47等級 月額117.5万円以上(上限) 47等級 月額117.5万円〜123.5万円未満
48等級 月額123.5 万円〜129.5万円未満
49等級 月額129.5万円〜135.5万円未満
50等級 月額135.5万円以上(上限)

今も昔も、中小企業は少しでもキャッシュアウトを抑えようと積極的に「節税」に取り組みます。しかし、社会保険料の「削減」となると、知識不足で具体的な対策を講じないまま、義務感のみで支払い続けている企業が多いのが実情です。ところが、中小企業にとって社会保険料は税金よりも重い負担です。

というのも、法人税は赤字ならば課税対象外になりますが、社会保険料は利益とは関係なく、たとえ赤字でも負担しなければならない制度だからです。よって、すべからく中小企業の社長は社会保険料の重い負担でアタマを抱えています。ここに保険営業マンとしての大きなビジネスチャンスがあります。

今回の企画はそのビジネスチャンスをあなたに確実に手に入れてもらうためのものです。一連の騒ぎで「節税保険」を提案するのが難しい今こそ、あなたのライバルが知らない、『社会保険料劇的削減プラン』をマスターしていただき、これまでどおり、いや、それ以上の業績アップを達成してください。

あなたからのお申込みをお待ちしております。

代表取締役

株式会社おまかせホットライン

法人保険のブルーオーシャン提案

お申込みフォーム

(※必ず上記の申込フォームからお申込みください。個別商品サイトからのお申込みは「定価」での商品発送になります)