TOP

 Version4.0  新発表のお知らせ

『社会保険料劇的削減プラン』

  簡易シミュレーションキットVer4.0付属  
おかげさまで累計販売本数700本突破!

2012年9月初版の発売以降蓄積された
本プランの「実務知識」と「営業ツール」を大幅アップデート!
新たに【Version4.0】としてリニューアルしました…

株式会社おまかせホットライン|田中正博です。

ストレートにお話します。

今からご紹介するのは法人保険を活用して
オーナー企業の社会保険料を「ガツン!」と削減するスキームです。

このスキームを提案すると、オーナー企業の社長なら間違いなく「何それ?詳しく聞かせてよ!」と‟前のめり”になります。

社会保険料劇的削減プラン

それだけではありません。このスキームは‟売り手”としての保険営業マンや社会保険労務士にも大きなメリットがある提案プランです。このスキームにはそれを裏付けるだけの販売実績があります。

2012年9月の発売以来、すでに累計販売本数は700本を突破しました。おそらく日本一売れている「法人保険営業ノウハウ」でしょう。これまで保険営業マンはもちろん、社労士や税理士の方々にも数多くご購入いただきました。成功事例は獲得保険料に換算すると‟4億”を軽く超えています。

そう、たったひとつの法人保険営業ノウハウからこれだけの成功報告が生まれているのです。本スキームの成功報告はごく一部のご購入者だけ。中には本スキームを1人で獲得保険料6千万円も売りまくっている強者もいます。それを考えると、ご購入者たちの実際の獲得保険料は‟10億“はいっているでしょう…

『社会保険料劇的削減プラン』の成功報告(一例)

お世話になります。弊社が田中式ノウハウ『社会保険料劇的削減プラン』を導入して4年半になります。お陰様でこの4年半で加入企業は18社、被保険者25名、獲得保険料(ANP)が5,960万円になりました。クライアントにも大変喜ばれております。(沖縄県・K様)


『社会保険料劇的削減プラン』を導入するにあたり、6月に契約をいただくことになりました。月払い保険料50万円の契約です。当月15日に申込書、審査、初回保険料50万円領収し、20日に成立しました。この場合、契約日は7月1日となり、初回口座振替は8月27日となります。(埼玉県・M様)

まずは社長から『社会保険料劇的削減プラン』のご契約をお預かりしました。商品は××××保険の65歳払込タイプです。損金など関係ないので、少しでも払込保険料と返戻金に差がなく推移するプランにしました。社長が65歳勇退時に返戻率が100.1%です。このスキームを知り合いの社労士が大絶賛です!(富山県・Y様)

いつもお世話になっております。『社会保険料削減プラン』で新規申し込み1件、成約をいただきました。月払い保険料は20万です。以上ご報告でした。(福岡県・O様)

月P50万円を10年払い終身・月P20万円を逓増定期で成約しました。お陰様でここ数ヶ月は『社会保険料劇的削減プラン』が大ヒットしています。本当にありがとうございます。(福島県・T様)

いつも大変お世話になっております。おかげさまで今月、『社会保険料劇的削減プラン』を成約できました。ありがとうございます。(愛知県・K様)

先日、役員報酬400.000円の社長が『社会保険料劇的削減プラン』、保険料116.000円で来週に採用される予定になりました、知識不足ながらおかげ様で少しずつ前進させていただいています。ありがとうございます。 (山梨県・K様)

今回、『社会保険料劇的削減プラン』を購入し、お蔭さまで明日、月払い10万円の保険のご契約となりました。今月、初回分の保険料10万円振り込んで、次回の引き落としは2月27日となります。(埼玉県・Y様)

いつもお世話になっております。今月、月払い50万円の『社会保険料劇的削減プラン』で契約になりました。ありがとうございます。(大阪府・O様)

先日、『社会保険料劇的削減プラン』で逓増定期(月10万円)のご契約をいただきました。ありがとうございます。 今回の導入企業は決算後の定時株主総会にて社長の報酬自体を引き上げ、それと同時に『社会保険料劇的削減プラン』を導入します。(山梨県・K様)

… and more

他にも多数の成功報告が寄せられています。その詳細は『導入事例&一問一答集』という体裁で別途ご案内しております。『社会保険料劇的削減プラン』の内容にご満足いただけたなら、併せてご検討なさってください。『社会保険料劇的削減プラン』を爆販する秘訣がここにあります。

さて今回、初版発売以降8年半にわたって蓄積された本スキームの実務知識を大幅にアップデートし、新たに【Version4.0としてリリースいたしました。断言しますが、本スキームは‟法人保険活用による社会保険料削減”というテーマに限っていえば唯一無二の法人保険営業ノウハウです。

この唯一無二のノウハウを使ってどうやって保険契約を獲得するか?

それをステップ・バイ・ステップで解説したのが『社会保険料劇的削減プラン』です。保険営業マンである、あなたが『社会保険料劇的削減プラン』を活用するメリットは大きく7つあります…

メリット#1|決算期に関係なしで提案できる

一般的な法人保険提案では法人決算月が密接に関係してきます。その点、『社会保険料劇的削減プラン』は違います。決算月に影響されず、すぐにでも実行可能なスキームです。

メリット#2|面倒な手続きは不要である

『社会保険料劇的削減プラン』は面倒な手続きは不要です。プラン導入は賃金台帳の記載方法を変更するだけ。つまり、保険加入の翌月からその効果が発揮されるスキームです。

メリット#3|決算書が読めなくても保険提案できる

『社会保険料劇的削減プラン』は法人の財務状況を問わず提案できるプランです。黒字でも赤字でも削減効果が出るからです。従って、決算書が読めなくても問題ありません。

メリット#4|法改正リスクの低い合法プランである

節税プランでは国税庁の通達 1 本で税制が変わり、加入メリットが失われるリスクがありますが、今のところは『社会保険料劇的削減プラン』にそうしたリスクはありません。

メリット#5|大きな経済メリットを提供できる

通常の社会保険料削減対策は「少額」を「大人数」で積み重ねるもので効果も限定的です。しかし、『社会保険料劇的削減プラン』は小規模企業でも劇的な削減効果を発揮します。

メリット#6|追加支出なしで保険提案できる

これは提案において大きな‟切り口”になります。『社会保険料劇的削減プラン』は法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを削減できるスキームです。

メリット#7|提案商品の自由度が高い

これも保険営業マンに大きなメリットになるはずです。『社会保険料劇的削減プラン』は「節税プラン」ではありません。たいていの保険会社の商品ライナップなら提案可能です。

ちなみに、『社会保険料劇的削減プラン』は「役員報酬を減額しその分で保険加入して退職金に回せば社会保険料が削減できます!」といった誰でも知っているような提案プランではありません。いわゆる、「名義変更プラン」や「逆養老プラン」でもありません。

あなたが初めて耳にする提案プランでしょう。法人保険のプロはもちろん、社会保険の専門家である社会保険労務士でさえ知らないスキームだからです。

しかし、知られていないだけで、『社会保険料劇的削減プラン』の効果は絶大です。なにしろ法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減し、手元に残るキャッシュを8桁増やせる方法なのです。その全貌を知ったら、あなたの目から何枚もの「ウロコ」を落とすことになるはずです…

国はあの手この手で保険料の引き上げを図っている!

さて、現在(2020年9月納付分から)の社会保険料率は次のとおりです。オーナー企業の社長は会社負担も自己負担と同義です。そう考えると、社長は報酬の3割を社会保険料に徴収される計算になります。

2020年9月納付分からの社会保険料率(東京都・協会けんぽ)
社会保険 本人負担 会社負担 労使合計
健康保険 4.935% 4.935% 9.870%
介護保険 0.895% 0.895% 1.790%
厚生年金 9.150% 9.150% 18.300%
合計 14.980% 14.980% 29.960%

まだあります。最近になって厚生年金保険料が引き上げられました。厚生年金は2017年まで段階的に引き上げられ、その後は保険料率18.300%で固定され、等級は31等級・標準報酬月額上限は62万円が限度でした。しかし、2020年9月から32等級が新設され、報酬月額60.5万円以上の被保険者は厚生年金保険料が軒並みアップしました。この改定で労使合計65,880円(年)の負担増になった社長が大勢います。

厚生年金の報酬月額上限の引き上げ(2020年9月)
~ 2020年8月 2020年9月 ~
31等級 月額60.5万円以上(上限) 31等級 月額60.5万円〜63.5万円未満
32等級 月額63.5 万円以上(上限)

このように国は料率改定をせずとも、あの手この手で保険料徴収額の引き上げを図ってきます。その結果、2010年と2020年とを比べると、社長の年収によっては年間606,516円もの負担増になっているのです。社会保険料の増加は会社にとっては利益率の悪化につながり、社長にとっては手取りの減少を意味します。

年収別・社会保険料の推移(40歳以上の被保険者)
年度 年収300万円 年収600万円
健康/介護 厚生年金 合計 健康/介護 厚生年金 合計
2010 337,584 501,000 838,584 649,200 963,480 1,612,680
2020 363,792 570,960 934,752 699,600 1,098,000 1,797,600
増加額 26,208 69,960 96,168 50,400 134,520 184,920
年度 年収900万円 年収1,200万円
健康/介護 厚生年金 合計 健康/介護 厚生年金 合計
2010 973,800 1,194,708 2,168,508 1,272,432 1,194,708 2,467,140
2020 1,049,400 1,427,400 2,476,800 1,371,216 1,427,400 2,798,616
増加額 75,600 232,692 308,292 98,784 232,692 331,476
年度 年収1,500万円 年収1,800万円
健康/介護 厚生年金 合計 健康/介護 厚生年金 合計
2010 1,571,064 1,194,708 2,765,772 1,571,064 1,194,708 2,765,772
2020 1,776,984 1,427,400 3,204,384 1,944,888 1,427,400 3,372,288
増加額 205,920 232,692 438,612 373,824 232,692 606,516
※1 東京都・協会けんぽの保険料額表をもとに計算 / ※2 上記年収を月割りした報酬月額での労使合計の保険料を年換算(×12)で計算

我が国の少子高齢化は急速に進んでいます。それが5%になるのか、10%になるのか分かりませんが、近い将来において今よりも確実に社会保険料率は上がっていくでしょうし、健康・介護保険、厚生年金ともに報酬月額上限もさらに引き上げられることになるでしょう。

ご存知のとおり、中小企業の7割は赤字企業です。法人税は「赤字」なら課税対象外になります。しかし、社会保険料は「赤字」の企業、でも等しく負担しなければならない制度です。加えて、今は長期化するコロナ禍で社会保険料の負担が重くのしかかっている中小企業も増えています。それゆえ、多くの中小企業にとって税金より社会保険料の方が「深刻な問題」になっているのです。

このような状況の中で、『社会保険料劇的削減プラン』をマスターしたあなたはオーナー企業の社長にとってはまさに‟救世主”に映るでしょう。なぜなら、『社会保険料劇的削減プラン』なら法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを「ガツン!」と削減できるからです。

 Version4.0  新発表!

『社会保険料劇的削減プラン』

  簡易シミュレーションキットVer4.0付属  

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

2012年9月の発売以来、これまで『社会保険料劇的削減プラン』は3回ほどバージョンアップを図っています。【Version3.0】の発売が2018年5月です。それから現在まで2度の社会保険料率改定を経て、

  • 節税保険の税制改正(2019.7)
  • 厚生年金の報酬月額上限の引き上げ(2020.9)

など、『社会保険料劇的削減プラン』の販売環境にも変化が生じています。とりわけ、直近で行われた厚生年金の報酬月額上限引き上げでは大半の社長は保険料が上昇しています。そこで今回、こうした販売環境の変化に対応するために【Version4.0としてノウハウをアップデートすることにしたのです。

商品内容#1 | テキスト教材

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

テキスト教材(冊子印刷版186p)+テキスト教材収録CD-R

【テキスト教材】はA4版全186ページの情報ボリュームです。ここに『社会保険料劇的削減プラン』のすべてが書かれています。テキスト教材は社内研修でも使用できるよう冊子印刷版に加えてCD-Rにも収録してご提供しますので、スタッフがいる方などは必要部数を印刷などして使い倒してください。

INDEX(目次)
はじめに 誰も知らない法人保険活用による『社会保険料劇的削減プラン』

それでも増え続ける社会保険料を負担しますか?… 11
現行制度は保険料負担が大きいほど“割”を喰う!… 15

Chapter 1 オーナー社長が今すぐ社会保険料を削減すべき5つの理由

オーナー社長が社会保険料を削減すべき5つの理由… 22
 ▢理由その1 今後も確実に保険料は上昇する… 22
 ▢理由その2 経費削減に直結する… 19
 ▢理由その3 健康保険制度の矛盾… 19
 ▢理由その4 将来受け取る年金のコスパが悪すぎる… 20
 ▢理由その5 年金が受け取れない可能性がある… 21

Chapter 2 社会保険料を劇的に削減できる“唯一のツール”とは?
「給与」と「賃金」と「報酬」の違いは何か?… 27
労働保険料の算出方法… 28
社会保険料の算出方法… 29
社会保険料を削減する3つの基本的手法… 31
社会保険料を劇的に削減できる唯一のツール… 32
 ▢なぜ2人の社長はこんなに保険料が違うのか?… 32
 ▢社会保険料の××××に含まれないツールとは?… 33

Chapter 3 超低金利のこのご時世でこれだけ有利な金融商品が他にあるか?
××性重視で法人保険に加入する… 37
2017年4月、予定利率改定後の対応… 40
保険料法人負担の意味を考える… 42
 ▢半年払い・年払い契約の取り扱いについて… 43

Chapter 4 なぜ法人から個人に「非課税」で資金移転できるのか?
「非課税」で資金移転できるカラクリ… 44
名変後に「払済保険」にすればもっと増える… 45
個人における2つのデメリットとは?… 46
 ▢デメリット1 個人の税負担が多少増える… 47
 ▢こんな質問はナンセンスです!… 47
 ▢デメリット2 将来の年金受取額が減る… 48

Chapter 5 『社会保険料劇的削減プラン』が使えるターゲット企業の条件とは?

高額所得者には不向きな理由… 50
小規模企業に提案チャンスあり!… 52
手取りと削減効果を最大化する保険料設定… 53

Chapter 6 『社会保険料劇的削減プラン』提案先 4 種類のターゲット企業
飲食業・理美容業に社保加入督促を強化!… 56
提案先4種類のターゲット企業… 57

Chapter 7 『社会保険料劇的削減プラン』 7つのメリットと3つのデメリット
『社会保険料劇的削減プラン』の 7つのメリット… 59
 ▢メリット1 決算期に関係なしで提案できる… 59
 ▢メリット2 面倒な手続きは不要である… 60
 ▢メリット3 決算書が読めなくても提案できる… 60
 ▢メリット4 法改正リスクの低い合法プランである… 60
 ▢メリット5 大きな経済メリットを提供できる… 61
 ▢メリット6 追加支出なしで保険提案できる… 62
 ▢メリット7 提案商品の自由度が高い… 62
 ▢業種・業界によってはこんな副次的メリットも!… 63
『社会保険料劇的削減プラン』の3つのデメリット… 63
 ▢デメリット1 所得税と住民税が微増する… 64
 ▢デメリット2 将来の年金額が下がる… 65
 ▢デメリット3 導入できる企業には条件がある… 65

Chapter 8 『社会保険料劇的削減プラン』を使って「役員貸付金」を解消する方法
役員貸付金の4つの問題点… 66
 ▢1. 支払利息に法人税がかかる… 66
 ▢2. いずれは返済しなければいけない… 67
 ▢3. バックれは許されない… 67
 ▢4. 金融機関からの資金調達が難しくなる… 67
役員貸付金を解消する4つの方法… 67
 ▢方法1. 役員報酬から返済する… 67
 ▢方法2. 社長個人の資産を売却する… 68
 ▢方法3. 社長個人が借金して返済する… 68
 ▢方法4. 役員退職金で相殺する… 68
借金を返済して社長の手取りも増やせるプラン… 68
 ▢効果#1. 余計な社会保険料負担が発生しない… 69
 ▢効果#2. 退職せずとも現金化できる… 69

Chapter 9 『社会保険料劇的削減プラン』に関する根拠条文・通達と年金事務所見解
根拠条文・通達… 73
年金事務所見解… 75
 ▢年金事務所からの回答… 76
個人年金保険は注意が必要!?… 77
ドル建ての保険商品は使えるか?… 78
老婆心ながら考えていただきたいこと… 79
「外野」と相対しても意味はない… 80
 ▢知り合いの社労士からこう言われました… 80
 ▢こんな理由で顧問税理士から横槍が入ったら?… 81

Chapter 10 『社会保険料劇的削減プラン』導入にあたっての実務
#1 「賃金台帳」の記載方法を変える… 82
 ▢パターン1 「賃金台帳」に記載しない… 82
 ▢パターン2 「賃金台帳」を2種類用意する… 83
 ▢パターン3 「××」と「賃金台帳」に記載する… 83
#2 年金事務所に標準報酬月額を届け出る… 84
 ▢「定時決定」について… 84
 ▢ 「随時改定」について… 85
「随時改定」における役員の月額変更届けについて… 87
 ▢「随時改定」における議事録の作り方… 88
賃金台帳の記載項目について… 90

Chapter 11 『社会保険料劇的削減プラン』導入後のリスク対策について
「否認」されるケースはあるのか?… 92
社会保険の調査について… 93
 ▢Q.社会保険の調査とは?… 93
 ▢Q.社会保険調査でチェックされるポイントは?… 94
 ▢Q.年金事務所の調査とはどういうものか?… 94
 ▢Q.会計検査院の調査とはどういうものか?… 94
 ▢Q.調査で狙われている会社とは?… 95
年金事務所の調査は税務署のそれとは違う!… 95
社会保険の調査で「指摘」を受けたときの対応… 97
 ▢それでも年金事務所から指導されたら?… 97
社会保険の調査で「指摘」を受けた事例… 98
今後のリスク対策として提案したいプラン… 102
 ▢役員のプランについて… 103
 ▢従業員のプランについて… 104
マイナンバー制の導入による影響は?… 105

Chapter 12 こうすれば手取りを変えずに従業員の社会保険料も削減できる!
方法#1 等級に着目して社会保険料を削減する… 106
 ▢導入手続きについて… 109
方法#2 中退共で社会保険料を削減する… 109
 ▢導入手続きについて… 112
方法#3 既加入保険で社会保険料を削減する… 113
 ▢名義変更時の経理処理について… 115
 ▢導入手続きについて… 115
実例紹介|弊社の社会保険料削減対策… 117
 ▢従業員の手取りを増やし社会保険料を削減!… 117
 ▢#1. 給与を下げて「××××」に切り替える… 119
 ▢#2. 給与を下げて「法人契約」に切り替える… 119
 ▢#3. 4〜6 月までの給与を下げる… 120

Chapter 13 社会保険料の「削減原資」をもとに提案したい保険活用プラン
××××保険の名義変更プラン… 121
 ▢社長の××××を「0円」で!… 122
 ▢××××保険の名義変更プラン提案ポイント… 123

Chapter 14 『社会保険料劇的削減プラン』に関する課税関係の条文・通達まとめ
①保険料支払い時… 125
 ▢半年払いについて… 129
②名義変更時… 129
 ▢契約者貸付・解約をしたとき… 130
③保険金受取時… 131

Chapter 15 「何?詳しく聞かせて」と言わせるサプライズ話法の作り方と使い方
人を退屈させておいてモノは売れない!… 133
「何それ?」という反応を引き出す方法… 134
保険を売らずに、保険が売れる!?… 136

Chapter 16 社会保険料削減コンサルティング5つの実践ステップ
ステップ#1 ヒアリングシートの取り付け… 138
 ▢ヒアリングシートの取り付け方法… 139
ステップ#2 事前診断シミュレーションの作成… 140
 ▢事前診断結果の報告について… 142
ステップ#3 訪問アポイントの取り付け… 142
 ▢訪問アポイント取り付け用セールスレター… 143
ステップ#4 社会保険料劇的削減プランの提案… 144
 ▢あなた主導でプレゼンできる秘密兵器… 145
ステップ#5 保険プランの提示… 146
5つの実行ステップで使用する営業ツール… 148

Chapter 17 役員貸付金解消コンサルティング5つの実践ステップ
ステップ#1 専用ヒアリングシートの取り付け… 150
ステップ#2 事前診断シミュレーションの作成… 151
 ▢事前診断結果の報告について… 153
ステップ#3 訪問アポイントの取り付け… 154
ステップ#4 役員貸付金解消プランの提案… 155
ステップ#5 保険プランの提示… 156
5つの実行ステップで使用する営業ツール… 158

Chapter 18 プラン導入に伴うデメリットを解消する3つの対策
社長の手取り増加対策#1… 159
 ▢会社にとっての経済メリットとは?… 160
 ▢個人にとっての経済メリットとは?… 160
 ▢いくら手取りが増えるのか?… 161
▢メリットを享受するには?… 162
▢非課税とされる範囲とは?… 163
▢多くの中小企業が導入していない理由… 164
 ▢導入と運用手順について… 164
社長の手取り増加対策#2… 166
 ▢会社からの×××を報酬の代わりにする… 166
 ▢×××をもらっても社会保険料はかからない!… 167
社長の手取り増加対策#3… 167
 ▢社会保険料が掛からない分だけ手取りが増える… 167
社長にとっての“頼れるアドバイザー”たれ!… 169

Chapter 19 「報酬別削減額シミュレーション」保険料設定と削減効果の関係
提案保険料を月額 10 万円に設定した場合… 172
提案保険料を月額 20 万円に設定した場合… 173
提案保険料を月額 30 万円に設定した場合… 174
提案保険料を月額 40 万円に設定した場合… 175
提案保険料を月額 50 万円に設定した場合… 176

おわりに 社会保険料削減と法人保険提案をいかに組み合わせるか?
そう遠くない将来に年金財政は“破綻”する!?… 178

税制改正に 1 ミリも影響を受けない法人保険プラン… 180
社長を惹きつけて「保険」を提案できる!… 180

購入者サポートサイト… 182
関連コンテンツ一覧… 184

商品内容#2 | 購入者サポートサイト

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

購入者サポートサイト(URL及びパスワードはテキスト教材にて案内)

『社会保険料劇的削減プラン』の実践にあたって、あなたをサポートする【購入者サポートサイト】を用意しています。当サイトでは購入者のご質問にお答えするとともにケーススタディなども随時公開しています。 その他、必要に応じてコンテンツを追加しながらフォローもしていきますので、定期的にチェックしてください。また、営業現場で不明な点が生じたり、導入実務で戸惑ったりしたときはお気軽にご相談ください。(※当サイトのURL及びパスワードはテキスト教材にてご案内しております)

【サポートの範囲について】

サポートの範囲は『社会保険料劇的削減プラン』に関わる内容に限ります。例えば、「どうすれば売上アップできるでしょうか?」「広告チラシを添削していただけないでしょうか?」など、本商品と直接関係のないご相談 は回答しかねますので、その点のみ事前にご了解ください。

商品内容#3 | プレゼン提案書&台本ver4.0

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

プレゼン提案書(WORD形式)+付属台本(PDF形式)

顧客向けの【プレゼン提案書】も用意しております。訪問面談の際に活用いただく提案書です。テキストで解説している『社会保険料劇的削減プラン』について顧客に分かりやすくプレゼンするための販促ツールです。提案書に付随した【台本】(トークシナリオ)も用意してあります。【台本】(トークシナリオ)に沿ってトークしていただくと、クロ ージングまで自動完結できる流れになっています。

ただし、当然、この手の販促ツールはその内容からも特定保険会社の募集文書登録を取得することが難しいので、市販本や小冊子などと同じ『著作物』として制作しています。【プレゼン提案書】はWORD原稿でCD-Rに収録されています。保険会社等の対応を含めてご使用にあたっては自己責任でお願いします。

 商品内容トップ

商品内容#4 | 簡易シミュレーションキットVer4.0

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

簡易シミュレーションキット(EXCEL形式)

セールスでは、百の言葉よりも、“数字”を示すことが 数十倍、いや、数百倍も成約率アップに貢献することがあります。『社会保険料劇的削減プラン』なら導入前と導入後という“ビフォー・アフター”で、「いくら社会保険料を削減できるのか?」を見込客に一目瞭然のフォーマットにして提示してあげる。そうすることで、ただ単に見せるだけで、最高に説得力のあるプレゼンになります。

【簡易シミュレーションキットver4.0】はまさにそれを可能にする営業ツールであり、『社会保険料劇的削減プラン』のセールスを全面的にバックアップするものです。本ソフトは営業シーン別にシミュレーションを作成できるようにしてあります。「①事前診断時」「②保険プラン提案時」の2つです。本ソフトはEXCELで作成しており、合計6シートの出力帳票をプリントアウト(印刷)できるようになっています。

社会保険料劇的削減プラン

① 事前診断時のシミュレーション

このうち事前診断時に使用するのは「事前診断報告書」「事前診断シミュレーション」です。

「事前診断報告書」は表紙です。「事前診断シミュレーション」には「社会保険料」の数値がすでに設定してあります。後は「ヒアリングシート」の情報を入力するだけでシミュレーション結果が表示されるようになっています。

「事前診断シミュレーション」には『社会保険料劇的削減プラン』で提案するプランを3パターン入力します。予算(月払保険料)に応じて3つの保険プランをシミュレーションするわけです。

事前診断報告書

事前診断シミュレーション

すると、ビフォー・アフター形式で3パターンの削減効果が自動計算されます。加えて、15年目までの削減効果も自動計算されますので、プレゼン提案の際の“強力な説得材料”になるはずです。

② 保険プラン提案時のシミュレーション

保険プラン提案時は「削減効果報告書」「削減効果シミュレーション」「提案プラン詳細」「資金移転シミュレーション」の4シートを使います。これらは保険設計書と併せて提示してください。

削減効果報告書

社会保険料劇的削減プラン

削減効果シミュレーション

提案プラン詳細

資金移転シミュレーション

社会保険料劇的削減プラン

「削減効果報告書」は表紙です。「削減効果シミュレーション」にはプレゼン提案の際にヒアリングした保険料予算を踏まえてシミュレーションをしてください。「提案プラン詳細」にはあなたが提案する保険プランの設計内容を入力します。保険商品の“単純返戻率”とは別に社会保険料の削減額を加味した“実質返戻率”も表示できるようになっています。「資金移転シミュレーション」は払済保険へ移行した場合のシミュレーションです。払済保険の設計内容を入力してください。

 商品内容トップ

商品内容#5 | 営業ツール3点セットVer4.0

ヒアリングシート(WORD形式)+セールスレター(WORD形式)+トークスクリプト(PDF形式)

他にも『社会保険料劇的削減プラン』の成約率を飛躍させる営業ツールを付属しています。「①ヒアリングシート」「②訪問アポイント取り付け用セールスレター」「③営業トークスクリプト」の3点セットです。いずれの営業ツールも営業現場で大活躍してくれるでしょう。

① 専用ヒアリングシート

「ヒアリングシート」は【簡易シミュレーションキットVer4.0】に対応しています。「ヒアリングシート」は『社会保険料劇的削減プラン』を提案するために必要な情報をすべてヒアリングできるように作られています。

ヒアリング項目はシンプルです。「申込者は誰で、何歳なのか?」「役員は何人いて、そのうち何人が社保に加入しているのか?」「それぞれの役員の年齢は何歳で、報酬月額はいくらなのか?」を記入してもらいます。

これさえ分かれば、次のステップにつながります。「年齢」が分かれば保険設計ができますし、「報酬月額」が分れば社会保険料が分かるからです。そうしてヒアリングした内容をもとに、次は診断結果を見込客に伝える番です。【簡易シミュレーションキットVer4.0】を活用します。

ヒアリングシート

② 訪問アポイント取り付け用セールスレター
セールスレター1p

社会保険料劇的削減プラン

セールスレター2p

社会保険料劇的削減プラン

もしも社長に訪問のアポイントが取れなかったらどうするか。当然、しつこく電話するなんていうのはNG です。ならばどうするか。「訪問アポイント取り付け用セールスレター」を編集可能なWORD 形式で用意してあります。

このセールスレターを「事前診断報告書」「事前診断シミュレーション」と併せて社長宛に送ってみてください。その際、可能であれば、ご自身の「成功実績」や「お客様の声」も同封しましょう。この方が何度も電話するより100倍スマートで、それでいて社長から高確率でアポイントが取れるはずです。

③ 営業トークスクリプト

『社会保険料劇的削減プラン』を販売するには、まず社長から「ヒアリングシート」を取り付けます。次に【簡易シミュレーションキットVer4.0】を使って「事前診断」を行います。その後、社長から訪問アポイントを取り付けて『社会保険料劇的削減プラン』を提案するわけですが…

その一連の営業プロセスのトークはどうすればいいのか。そう不安に感じる方もいるでしょう。ご安心ください。「営業トークスクリプト」を用意しています。これは一連の営業プロセスのトークを公開するものです。

  • ヒアリングシートを取り付ける
  • 訪問アポイントを取り付ける
  • 社会保険料劇的削減プランを提案する
営業トークスクリプト

社会保険料劇的削減プラン

なお、【簡易シミュレーションキットVer4.0】と【営業ツール3点セットVer4.0】についてはテキスト教材(Chapter16)にてコンサルティングの実行手順、及び各ツールの使用方法を詳細解説しております。

 商品内容トップ

商品内容#6 | 役員貸付金解消コンサルキット

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

プレゼン提案書(WORD形式)+付属台本(PDF形式)+専用ヒアリングシート(WORD形式)

オーナー企業では【会社】から【社長】に金銭の貸付を計上しているケースが多々あります。帳簿上は「役員貸付金」(仮払金)として計上されている項目です。「役員貸付金」の計上理由は「一時的な役員報酬の代わりとした」「会社では落とせない支払いの立て替えや仮払いをした」など様々です。中には、長期化するコロナ禍で「役員貸付金」を計上せざるを得ない中小企業もあるでしょう。いずれにしても、「役員貸付金」には次のような諸問題がつきまといます。

  • 支払利息に法人税がかかる
  • いずれは返済しなければいけない
  • バックれは許されない
  • 金融機関からの資金調達が難しくなる

つまり、「役員貸付金」は会社にとって‟解決しなければいけない経営課題”だということです。ではどうすれば「役員貸付金」を解消できるのか。通常その返済方法は社長の「役員報酬」か「退職金」を充当することになるわけですが、そうなると社長の手元に残るキャッシュが減ってしまいます。

そこで、『社会保険料劇的削減プラン』の出番です。実は、『社会保険料劇的削減プラン』を使えば「役員貸付金」を解消できるのです。しかも、社会保険料を削減しながら、です。

つまり、「役員貸付金」を計上している企業にとっては社会保険料を削減できると同時に、企業の財務体質も改善できる‟一石二鳥の提案プラン”になるのです。【役員貸付金解消コンサルキット】は『社会保険料劇的削減プラン』を応用して、社長の「役員貸付金」を解消する提案プランを‟パッケージ化”したものです。

テキスト教材(Chapter8・Chapter17)でその内容と実践手順を学んだうえで、付属の「プレゼン提案書&台本」「専用ヒアリングシート」を使えば、誰でも5つの実践ステップで『社会保険料劇的削減プラン』を使った役員貸付金解消コンサルティングを実行できるようにしています。

この役員貸付金解消コンサルティングなら社長は「役員報酬」や「退職金」を充当せずとも、社会保険料を削減しながら、「役員貸付金」も解消できます。これは「役員貸付金」の解消法としては現実ベースでベストな選択肢の1つです。合理的な判断のできる社長なら真剣に検討することでしょう。

 商品内容トップ

購入者特典#1 | 集客用小冊子ver4.0

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

顧客配布用|集客小冊子(WORD形式)

【集客用小冊子】は新規開拓の「強力な武器」になります。というのも、小冊子があれば次の流れを実現できるからです。あなたの見込客は社会保険料の重い負担で苦しんでいます。それを何とかしたいと思っています。ところが、自力では解決できずにいます。原因は「情報不足」です。そこで、その情報を小冊子にしてあなたが無料で教えてあげる。すると、その情報を欲しがる見込客が大勢いる…という流れです。

さらに、小冊子では社会保険料の重い負担から解放されたい。今すぐ保険料を削減した原資で手元に残るキャッシュを増やしたい。そう願うなら、ぜひ私におまかせください。まずは「御社の場合はいくら削減できるのか?」を完全無料で事前診断させていただきます。…とオファーすることで、あなたに声が掛かる仕掛けをしています。これを起点に事前診断→診断結果の報告→保険提案という流れをぜひ作ってください。

小冊子はWORD原稿でCD-Rに収録されています。原稿はテンプレートですので、あなたの事務所情報を入力すれば完成です。必要箇所を編集のうえご活用ください。

 商品内容トップ

購入者特典#2 | 導入実務書式

社会保険料劇的削減プラン

導入実務書式:2種類の規程テンプレート(WORD形式)

『社会保険料劇的削減プラン』の導入実務に必要な書式集をCD-Rに収録して差し上げます。ひとつは役員に『社会保険料劇的削減プラン』を導入する際に必要な規定書式、もうひとつは従業員に『社会保険料劇的削減プラン』を導入する際に必要な規定書式です。いずれもWORD原稿で収録されています。提案の際に必要箇所を編集するなどしてご自由に活用なさってください。

 商品内容トップ

購入者特典#3 | 社長の手取り増加対策セット

社会保険料劇的削減プランVersion4.0

社長の手取り増加対策セット:3種類の規程テンプレート(WORD形式)

『社会保険料劇的削減プラン』の唯一の弱点は‟社長の手取りが減る”ということです。営業現場ではそのことに難色を示す社長もいるでしょう。そうかといって、手取りが減った分、報酬を上乗せすれば税金や社会保険料も増えてしまいます。会社から資金を持ち出せば、それはそれで問題(税務上)が残ります。

実は、それを解決する方法があります。つまり、役員報酬を変えることなく、社長の手取りを増やせる方法があるのです。方法は3つあります。【社長の手取り増加対策セット】はその3つの方法の「実行手順」と実行に必要な「社内規程」を提供するものです。詳細はテキスト教材(Chapter 18)を参照ください。

このプランのメリットは十分理解した。でも手取りが減るのはちょっと…。そのように『社会保険料劇的削減プラン』の導入を躊躇している社長には【社長の手取り増加対策導入セット】をぜひ案内してあげてください。繰り返しますが、ポイントは‟役員報酬を増額せずに手取りを増やせる”ことです。すなわち、【社長の手取り増加対策セット】は社長がその気なら、いつでも実行可能な対策だということです。

『社会保険料劇的削減プラン』を提案した。その結果、社長から手取りが減るのは困るからと難色を示された。それで提案を諦めるか。それとも「社長、ご安心ください。手取り減少分を補てんする方法がいくつもあります!」とコンサルティングするか。保険営業マンとして考えてみてください。

どちらが本当の問題解決でしょうか。どちらの成約率が高いでしょうか。社長から感謝されるのはどちらでしょうか。そして、あなたが目指すべきはどちらでしょうか。単なる“保険屋”としてではなく、“頼れる社長のアドバイザー”として【社長の手取り増加対策セット】をぜひ活用してください。

 商品内容トップ

お申込みフォーム

最低でも月額10万円の保険を獲得できるノウハウ!

さて、購入価格です。『社会保険料劇的削減プラン』は最低でも月額10万円の法人保険を獲得できる知識情報です。正直、そこから得られるあなたの手数料を考えれば、購入価格なんて気にならないでしょう。本プランの活用メリットと「商品内容」、及び「購入者特典」も含めた費用対効果でお考えください。

商品内容
  • #1.テキスト教材
  • #2.購入者サポートサイト
  • #3.プレゼン提案書&台本ver4.0
  • #4.簡易計算ソフトver4.0
  • #5.営業ツール 3 点セットver4.0
  • #6.役員貸付金解消コンサルキット
購入者特典
  • #1.集客用小冊子 ver4.0
  • #2.導入実務書式
  • #3.社長の手取り増加対策セット

今回、『社会保険料劇的削減プラン』は税込59,800円の価格にてご提供いたします。(「旧版」ご購入者は‟アップデート価格”になります。アップデート価格は税込24,800円です)

本商品の販売価格

税込59,800 ※別途送料660円

旧版購入者価格:税込24,800円 
(※ご購入の際は自動的にアップデート価格で商品発送します)

お支払い方法

購入代金のお支払いは「代金引換払い」になります。商品と引き換えに購入代金をお支払いください。お支払方法は「①現金」「②クレジットカード」の2つからお選びいただけます。なお、商品はお申し込み後5営業日程度でお届けします。クレジットカードは以下がご利用いただけます。

ステップ 1
お申込み

ステップ 2
商品発送

ステップ 3
お支払い

  利用可能カード | 社会保険料劇的削減プラン

なお、商品の性質上、返金保証はございません。『社会保険料劇的削減プラン』は“知識情報自体”に価値があります。それゆえ、その知識情報をあなたが知ってしまえば、その時点で価値の交換は終わってしまいます。ご購入にあたってはご注意ください。また、購入後に「これなら知っている。だから返品してください」というご要望にもお答えできませんので、事前にご了承ください。

お申込みフォーム

従来とは異なる新しい切り口で提案を!

これまで生保業界では「節税保険」に関して個別通達の抜け穴を通すようなかたちで、節税効果を高めた保険商品を開発し、集中的に販売してはその後国税庁からダメ出しを食らうことを繰り返しています。ところが、2019年7月の税制改正で実質的に「節税保険」は封じ込められた形になりました。

ならば、今後の法人保険プランは売りにくい‟事業保障”だけにだけになってしまうのか?
いいえ、有効な法人保険プランはまだあります。しかも、それは国税庁とのイタチごっことは無縁の提案プランですから、今後の税制改正にも1ミリの影響も受けないものです。

加えて、多くの中小企業にとっては、その提案プランの方が節税プランよりも喜ばれます。あくまで節税プランは全体3割の黒字企業のみが対象ですが、この提案プランは黒字企業でも赤字企業でも効果を発揮するものですし、多くの中小企業にとって深刻な経営課題を解決できるものだからです。

では、その提案プランとはいったい何なのか?

そうです。それこそが『社会保険料劇的削減プラン』なのです。たいていの社長は生命保険に対してネガティブなイメージを抱いています。もっというと、生命保険なんて興味がありません。従って、法人保険を売るにはまずはそこを打破する必要があるわけです。『社会保険料劇的削減プラン』では生命保険を販売することを目的としていません。目的はあくまでも社会保険料の削減です。

しかし、結果として生命保険が売れてしまいます。なぜなら社会保険料を削減できる唯一のツールが生命保険だからです。その全貌を知った社長は「そんな方法があったのか!」と驚くでしょう。生命保険の意外な活用法を知って俄然、前のめりにもなるはずです。そうやって社長を惹きつけてジャスト・イン・タイムで生命保険を提案できる。ズバリ、『社会保険料劇的削減プラン』の価値はその1点に集約されます。

たとえ生命保険にネガティブなイメージを持たれていても、社長を商談のテーブルに乗せる方法は簡単です。社長の興味のあるテーマで、メリットのある話をすればいい。これだけです。その意味で『社会保険料劇的削減プラン』はあなたにとっての“強力な武器”になるはずです。

世の中、知らないと損することばかり。社会保険はその最たるものです。しかし、制度に不満や不信感を持ったとしても、基本的に社会保険は脱退できない制度です。その脱退できない制度の中で、中小企業では会社存続のため「いかにうまく立ち回るか?」が問われる時代になっています。

しかも、長期化するコロナ禍で業績不振に苦しむ中小企業も増えている中、社会保険料の重い負担はますます追い打ちをかけています。そんな中小企業を『社会保険料劇的削減プラン』でぜひあなたが救ってあげてください。そして、あなた自身も飛躍的な売上アップを目指してください。

あなたからのお申込みをお待ちしております。

代表取締役

株式会社おまかせホットライン

お申込みフォーム

【免責事項(購入前に必ずお読みください)】

本商品の導入実務にあたっては法令条文・通達、及び複数の年金事務所でその合法性の確認を取っておりますが、記載内容の効果やメリットを約束するものではありません。最終的な判断は所轄年金事務所によってなされます。また、記載内容に関してトラブルが発生した場合でも当社(株式会社おまかせホットライン)及び著者は一切の責任を負いません。すべては購入者の自己責任となります。その点をご了解のうえお申込みください。


【Version4.0
『社会保険料劇的削減プラン』

よくある質問とその回答

『社会保険料劇的削減プラン』について、いくつもの疑問が残っている方もいることでしょう。そんな方のために「よくある質問」と「その答え」をリストにしました。お申込みの際の判断材料とされてください。以下のリストで解決できない疑問点は「お問い合わせフォーム」から承ります。

 旧版とはどこがどう違うのですか?

2018年5月の【Version3.0】(以下、旧バージョンとする)発売から今回のバージョンアップまでに2度の保険料率の改定があり、つい最近になって厚生年金の報酬月額上限も31等級から32等級に引き上げられたばかりです。従って、【Version4.0ではテキスト教材及び営業ツールをすべて最新(2020年9月納付分から)の数値にすべて置き換えております。そのうえで、今回ご案内の【Version4.0】と旧バージョンとの比較は以下のとおりです。

項目 Version3.0 Version4.0
保険料率 2018年4月納付分 2020年9月納付分
情報量 テキストページ数161p テキストページ数186p
商品内容 テキスト教材
購入者サポートサイト
プレゼン提案書&台本ver3.0
簡易シミュレーションキットver3.0
営業ツール3点セットver3.0
――
テキスト教材
購入者サポートサイト
プレゼン提案書&台本ver4.0
簡易シミュレーションキットver4.0
営業ツール3点セットver4.0
役員貸付金解消コンサルキット
購入特典 集客用小冊子ver3.0
導入実務書式
――
集客用小冊子ver4.0
導入実務書式
社長の手取り増加対策セット

 どのような手法で社会保険料を削減するのですか?

申し訳ございません。商品内容に関するご質問にはお答えできかねます。「『社会保険料劇的削減プラン』とはこういうスキームですか?」などのご質問も同様です。ただし、法人保険営業において『社会保険料劇的削減プラン』があなたの強力な武器になることだけはお約束します。『社会保険料劇的削減プラン』なら生命保険に興味も関心もないオーナー企業の社長でも、簡単に商談のテーブルに乗せることができます。そして、あなたが売ろうとしなくても、法人保険が売れてしまいます。なぜなら、社会保険料を削減できる唯一のツールが生命保険だからです。このような手法で社長に法人保険を販売したい方は購入をご検討ください。

 これは合法的な提案プランでしょうか?

はい、合法的なスキームです。その根拠や法令・通達等は『テキスト教材』で詳細解説しております。そちらでご確認ください。また、『社会保険料劇的削減プラン』は2012年9月の発売以来、全国の保険営業マンや社労士によって、すでに多くの中小企業で導入されております。その中には年金事務所の調査を経験している企業が何社もあります。しかしながら、これまで年金事務所から本スキームを「否認」されたという報告は一度も受けておりません。

 1社専属の保険営業マンでも活用できますか?

はい、活用いただけます。『社会保険料劇的削減プラン』は「節税プラン」ではありませんので、たいていの保険会社の商品ライナップなら提案可能です。具体的な保険商品のプランニングについてはテキスト教材で詳しく解説していますので、そちらを参考にされてください。

 保険営業マン1人でも完結できるスキームですか?

はい、完結できます。仮に、あなたが個人事業あるいは保険会社所属の保険営業マンでご自身では「社会保険加入手続きの実務」について知識を持たない方でも、導入実務についてはテキスト教材で詳細解説しておりますので、ご安心ください。とくに税理士や社労士などとの提携は不要です。あなたが主体となって、提案から導入までを完結することができます。

 法人保険の販売経験がなくても使えますか?

もちろん、購入可能です。しかし、率直にいうと、保険契約の成約まではしばらく時間がかかるかもしれません。たとえば、「税」と「社会保険」についてあなたがお客様である社長の知識を大きく下回っているレベルですと、仮に提案に至ったとしても、お客様からすれば、【経験と知識がない=問題解決できない】となってしまうからです。

誤解しないでください。誰にでも‟はじめの一歩”はあります。それがダメだと言っているわけではありません。 重要なのは「あなたがお客様の問題を解決できるかどうか?」です。要は、「経験が足りない?」と自覚があるなら、はじめの一歩を踏み出しましょう。「知識が足りない?」と自覚があるなら、お客様の問題を解決できる知識を身に付けましょうということです。世の中はすべからく問題解決に対して報酬 が支払われる仕組みになっています。

 購入後のサポートはありますか?

もちろん、ございます。【購入者サポートサイト】を用意しております。これも本商品の魅力のひとつです。『社会保険料劇的削減プラン』については導入実務もいたって簡単ですし、合法的なスキームですから、安心してお客様に提案していただけます。しかし、それでも営業現場で不明な点が生じたり、戸惑ったりすることもあるでしょう。そんな方のために【購入者サポートサイト】があります。実務についてご不明な点、またあるいは、お客様から聞かれて答えに困ってしまった点など、遠慮なくご相談をお寄せください。

なお、【購入者サポートサイト】は購入者以外には閲覧できないようになっています。【購入者サポートサイト】では購入者からの質問にお答えするとともに、購入者の方々に参考になる事例やコンテンツを随時公開しております。定期的にチェックしてください。(※【購入者サポートサイト】のURL及びパスワードはテキスト教材内でご案内しております)

 サポートの範囲はどこまででしょうか?

【購入者サポートサイト】を通じてサポートできる範囲は本商品に関係する内容に限ります。例えば、「どうすれば売上アップできるでしょうか?」「広告チラシを添削していただけないでしょうか?」など、本商品と直接関係のないご相談には回答しかねます。また、「このお客様にはどのようなプランを提案すればいいでしょうか?」などのお客様への提案プランに関するご相談にも回答しかねます。それはあなた自身のアイデアで解決すべき問題だからです。サポートと‟個人レッスン”とは意味が異なりますので、その点はご了解ください。

 付属の販促ツール類を自分で編集加工してもいいですか?

もちろんです。ご自由に編集加工していただけるよう販促ツールはWORD形式またはEXCEL形式にしてあります。あなたのアイデアで加筆・修正などして存分にお使いください。弊社へのご連絡も不要です。ただし、この手の販促ツールは特定保険会社の募集文書登録を取得することが難しいので、あくまでも市販本や小冊子などと同じで『著作物』として制作しています。保険会社等の対応を含めて、ご使用にあたっては自己責任でお願いします。

 申込みから商品到着までどれくらいかかりますか?

『商品一式』はお申し込み後、5営業日程度(日祝は除く)でお届けします。その際、購入費用を「代金引換払い」でお支払いください。お支払い方法は「現金」「クレジットカード」の2つからお選びいただけます。『商品一式』と引き換えに運送会社ドライバーが代金をお預かりします。お申込み時点では代金の事前振込み、及びクレジット―カード情報は不要です。

  利用可能カード | 社会保険料劇的削減プラン

 
万一、『商品一式』のお届け日に不在の場合は運送会社が「不在連絡票」をポストに投函します。その「不在連絡票」をご確認いただき、後日都合の良い日時で再配達の依頼も可能です。

 クレジットカード払いは分割何回まで可能ですか?

クレジットカードによるお支払いは一括・分割・リボ払いからお選びいただきます。商品到着の際に運送会社ドライバーに支払回数をご指定ください。分割回数は2回・3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回までご利用いただけます。分割金利はカード会社によって違います。詳細はお手持ちのカード会社にお問い合わせください。

 どんな人におすすめですか?どんな人が対象ですか?

すべからく中小企業の社長は高額な社会保険料負担に悩んでいます。その悩みはオーナー企業の社長ほど深刻です。そんな社長の切実な悩みを、自身のスキルとノウハウで解決してあげることにビジネスの価値を見出せる方。『社会保険料劇的削減プラン』はこんなあなたにおすすめです。

その反対に、“保険営業マンは保険を売るのが仕事”とビジネスを限定的に考えている方にはおすすめできません。目的は保険販売でも、その前段階として『社会保険料劇的削減プラン』のロジックを理解して、実際にお客様の社会保険料削減のお手伝いをしてあげる。これができてはじめて、その延長線上にある保険契約の獲得が可能になります。

ここを理解してないと、とにかく目の前の相手に保険をセールスしようとしてしまいます。それでは何の価値もお客様に与えていないことになります。何の価値も与えてくれない保険営業マンの話に耳を貸すお客様はいません。当然そうなると保険販売にもつながらない。つまり、『社会保険料劇的削減プラン』を実践しても、成果が伴わないという結果に終わってしまうのです。

お申込みフォーム