自営業者に重くのしかかる国民健康保険料が平成31年4月からまたもアップ!

自営業者に重くのしかかる国民健康保険料が平成31年4月からまたもアップ!

自営業者の誰もが国民健康保険料について「高ッ!」と感じています。そして、毎年恒例になりつつありますが、本年度(平成31年4月)もまたもや国民健康保険が値上がりしました。今回は賦課上限額「4万円」の保険料アップです。これで3年連続の保険料値上げになります。

過去3年の国民健康保険料の賦課限度額推移
年度 医療分+支援分 介護分 賦課限度額
平成29年 73万円 16万円 89万円
平成30年 77万円 16万円 93万円
平成31年 80万円 17万円 97万円

厚労省では上記の保険料賦課上限額に該当する収入額(年収)は、給与収入で約1,100万円/年金収入で約1,090万円と試算しており、中間所得層の被保険者に配慮し、保険料賦課上限額に達するまでの上昇率を昨年度(平成30年)より抑えている、としていますが…

(参考)国民健康保険の保険料(税)の賦課(課税)限度額について





そもそも、なぜ国民健康保険料は高いのか?

そもそもの保険料がバカ高いのですから何の慰めにもなりません。自営業者の住んでいる地域にもよりますが、所得300万円に対して保険料が50万円というケースもあります。なぜこんなに高いのでしょうか。それには大きく2つの理由が考えられます。

1.加入者構造の問題

国民健康保険は被保険者からの保険料収入が大きなウェイトを占めています。主な加入者は年金所得者を含め「無職層」が全体約4割を占め、残りが「自営業者」(個人事業主)「農林水産業者」「扶養家族等」です。そのため会社が加入する健康保険などに比べると、加入者の平均所得は低い傾向にあります。

加入者の所得平均が低いため中所得層以上の負担がその分大きくなっていきます。所得250万円を超えると、全加入者の上位2割の中に入ってしまうのです。つまり、所得250万円であっても、低所得者層の保険料をカバーする側に回らないといけないわけです。ゆえに、どうしても保険料の“割高感”が生じるのです。

2.保険料計算上の問題

かつて国民健康保険料の計算方法は各種の所得控除をした後の所得から保険料を算出する「住民税方式」でした。ところが、平成25年にその計算方法が「所得方式」(旧ただし書き方式)に変わりました。端的にいうと、所得から控除できるのは“基礎控除33万円のみ”になってしまったのです。この改正によって当然、国民健康保険料は跳ね上がりました。所得控除の項目が激減したからです。

住民税方式
所得 - 各種控除 = 保険料算出

所得方式
所得 - 基礎控除33万円のみ = 保険料算出

2025年問題で今後も保険料は上昇の一途をたどる!

平成30年版の「高齢社会白書」によると、日本の総人口は2017年10月1日時点で1億2,671万人。高齢化は年々加速しており、65歳以上人口は3,515万人、総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は27.7%に達しています。問題となっている「2025年」には、人口のボリュームゾーンである団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者となり、高齢化問題がいよいよ抜き差しならない状況になります。

端的に言うと、高齢者の医療費を2000年には3.9人で1人を支えていた公的医療制度が2025年には1.9人で1人を支える状態になるのです。そうなれば、おのずと財源が枯渇し、保険料は跳ね上がることになります。

実際、その兆候はもう表出しています。次を見れば、ここ数年の間に、いかに国民健康保険料が高騰しているかお分かりいただけるでしょう。2019年(平成31年)でこの状況ですから2025年(令和7年)にはどうなっているかは「推して知るべし」でしょう。

国民健康保険料の賦課限度額の推移
年度 医療分+支援分 介護分 賦課限度額
平成25年 65万円 12万円 77万円
平成27年 69万円 16万円 85万円
平成29年 73万円 16万円 89万円
平成30年 77万円 16万円 93万円
平成31年 80万円 17万円 97万円
令和7年 ?万円 ?万円 ?万円

まとめ

国民健康保険は低所得者でも、高額所得者でもない最大のボリュームゾーンに一番負担がかかる仕組みになっていて、ある程度の所得があると、すぐに保険料の賦課上限(年間97万円)に達してしまいます。もし既婚者ならここに2人分の国民年金保険料(年間393,840円)も払わないといけませんので、そうなれば年間1,363,840円もの負担になるわけです。しかし、です。そんな自営業者に対して、、、

この年間1,363,840円を、あなたが年間272,928円の負担にしてあげたらどうでしょう?

その時点で、年間1,090,912円もの経済メリットを見込客に提供したことになりますよね。しかも、この経済メリットはこの先ずっと続きます。ご覧のとおり、3年で3,272,736円、5年で5,454,560円、7年で7,636,384円、10年で10,909,120円のドデカイ削減金額です。

3 年後の削減額
-3,272,736円
5 年後の削減額
-5,454,560円
7 年後の削減額
-7,636,384円
10 年後の削減額
-10,909,120円

そのうえ、あなたが提案した生命保険に加入することで、さらに手元に残るキャッシュが増えるとなれば、そんな提案をしてくれたあなたを、見込客はどう思うでしょうか。

「保険を見直しませんか?」「保険料のリストラをしませんか?」なんてアプローチで玉砕しているその他大勢の保険営業マンと同じ存在と見られるでしょうか。それとも、「この人ならトータルで私の問題を解決してくれる信頼できるアドバイザー」として一目置かれる存在と見られるでしょうか。

もちろん、その答えは「後者」ですよね。実は、そんな理想のセールス環境を手に入れる方法があります。ご興味を持っていただいたなら、以下でその詳細をご確認ください。

自営業者(個人事業主)に保険を売る方法